FC2ブログ

お産は人間の自然の営みのひとつ…。

 健診中は「赤ちゃん元気かなー?」と、温かな手でそっとお腹に触れてくれた助産師さんの優しさが心に残っています。お産の不安や上の子のことなど、機械の数値には表れないけど大事な事が何でも相談できました

 予定日当日は、朝からお腹にキューンとした痛みを感じていました。前駆陣痛は数日前から続いていたので「本陣痛につながるといいな」と期待と焦りがありました。
 朝はひなたでの健診がありました。「リラックス、リラックス」と自分に言い聞かせていました。
 夜になると痛みの間隔が10分前後になってきたので、夫を起こしてひなたに電話をしました。まだ不規則だったので電話をするのを迷いましたが、始まっているんだなと覚悟ができました。
 日付が変わった2時過ぎ、ひなたに到着。
陣痛中はイメージトレーニング通り「陣痛さんありがとう!」「赤ちゃん上手!上手!」とお腹に言い続けていました。
 
  いよいよ分娩室に入ると、そこはまるで子宮の中を感じさせる空間でした。薄暗い中に小さな明かり、静かな音楽、そして信頼できる助産師さんと家族・・・。ありがたくて、幸せで、体はふるえ、涙が出てきました。「赤ちゃん、よかったね。ここなら、あなたも安心して出て来られる。」と思いました
 そして9時31分、無事に元気な女の子を出産しました。

 ひなたでのお産を通して「お産」は特別なことではなく、人間の自然の営みのひとつなんだということがわかりました。

  P1140760.jpg お臍を切ってくれたのはお姉ちゃん
 
  P1140766.jpg 新しい家族がふえました

  P1140789.jpg みんなでお家に帰ります