FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてが奇跡!

 不妊治療でしか子供は授からないと思っていたら、思いがけず三人目を自然に授かったことで、どうしても家族みんなでゆったりとした中で赤ちゃんを迎えたいと思い、ひなた助産院さんでお世話になることにしました
妊婦健診の時からも様々な安産のためのアドバイスをいただいておりましたが、妊娠出産の実感があまりないまま37週目を迎えておりました。
 37週を迎えた時からだんだんとお腹の張りが強くなるのを感じつつ、38週に入ったら陣痛にしてはあまり痛くないお腹の張りはあり、ひなたさんに電話をし、一度は陣痛が来るかもということで入院になりました。が、前駆陣痛で一度退院となりました。なんとなく、いよいよ!と思っていたので、帰宅するのを残念に思った私に、「しばらくお風呂も入れないし、ゆっくり家で過ごすと気分も変わって赤ちゃんも出てきてくれるよ」と声をかけてくださいました。
 家に帰って、おいしい物を食べて、リラックスして、お風呂の入って、さあ子ども達と寝ようとしたら、今までにない、忘れていた痛みが始まりましたすぐにひなたさんに電話をし、準備していたら痛みがおさまってる?と焦りながらも助産院へ「痛いね、よく来たね」と迎えてくれました。
 診察では子宮口は4㎝、まだまだだなぁと思っていたら、モニター中に赤ちゃんを起こしてもらった瞬間に「バチン!」と音と共に破水。その時から痛みは強くなり、心の準備が追い付かない私に、「赤ちゃんに会えるよ!落ち着いてね。もうすぐよ」「痛かったらフーフーよ」と声をかけていただき分娩室へ
どんどん痛みは強くなり、「来る!来る!」と叫ぶ私に、「来たらフーフー」「終わったら力抜いて」と、自然と力が抜けるように楽な体位へ誘導して下さり、私はただただ丸くなっているだけでした。
 その中で、赤ちゃんの頭が出てきた時に触らせてくださり、「もうすぐ終わる!」と初めて落ち着いた時に「ここからはハッハッハで力を抜いて」と言っていただき、楽になったと思ったら、赤ちゃんの身体が出てくるのをリアルに感じることができ、ビックリと同時に感動がおとずれました
 出産してからは、一番上のお姉ちゃんがへその緒を切ってくれて、みんなで赤ちゃんの誕生を喜び合うことができて、有意義な時間でした
 主人と共に三人の子どもの誕生を喜び、これからもっともっと絆を深めていけたらと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。