FC2ブログ

家族で出産を体験させていただき、幸せいっぱいの出産となりました。

 出産前日の夜、うっすらとしたおしるしが来て、ゆるやかなお腹の痛みが来ました。スタッフの方々からの「何かあったらいつでも来てくださいね。」の言葉を思い出し、訪院大きな陣痛がくる前でしたが、モニターの結果を見ながら、助産師さんに様子を詳しく見てもらいました。心配している主人にも状況を丁寧に説明してくださいます。まだ出産まで時間がかかりそうとのことで一時帰宅し、安心して就寝しました
 出産当日の昼、再院。20分おきの陣痛の気晴らしに一時外出しました。軽食後、(近くに足湯がありそうで、リラックスしに行こうと思いましたが、たどりつけず…またの機会に)車内にて急に大きな痛みと吐き気におそわれ、すぐに助産院に戻りました痛みに耐えられず駐車場に座り込んだ私を助産師さん達が走って出迎えてくださり、安どしたことを覚えています
 陣痛が進むにつれてぐったりする私を見ながら、どうしたらいいのか的確に助産師さん達が声をかけてくださいました。「肩の力を抜いて~!」「息はふー!!」「痛みおさまってくるよ~休けい~!」「はっはっは~よ!」「赤ちゃんに酸素を送ろう~!」「上手よ~!」どれだけ心強かったことか
 また、私の長女(5才)と長男(3才)もお産に協力できるよう、うちわで風を送る係をさせてくれたり、水を飲ませる役をさせてくれたり。心配そうに見守っている主人にも私の手を握るよう促してくれたり、“家族で出産”を体験させていただき、幸せいっぱいの出産となりました大きな陣痛が来てからはスピード出産となりましたが、家族やスタッフの方々に囲まれ“ここで産めて良かった!”と思える日になりました。
 かわいい元気な家族も増え、本当に感謝の気持ちでいっぱいです
 
P1140197.jpg パパがお臍をカット

 P1140200.jpg 妹が産まれたよ

 P1140202.jpg お家に帰ります