スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんが出てきた時の感動と安心感は忘れられません。

 1人目の時は、赤ちゃんがなかなか降りて来ず、35時間の陣痛に耐え、結局は無痛分娩での出産となりました。
初めての出産で何も分からず、呼吸法など冷静さを失い、ただ痛い!痛い!と叫んでいたと思います
 今回の出産も最初は不安でした。だけども健診で親身にお話を聞いてくださり、徐々に不安だった気持ちも出産が近づいてくる頃には、「早く出ておいで~」と心も和らいでいる自分がいました
 予定日を超え、40週1日の健診で助産師さんに「今日は歩いておいで!」と言ってもらい、家族で公園へ。
すると、お昼過ぎから10分間隔の痛みがあることに気づき、ひなたさんへ。
まだ少し時間がかかりそうなので、一旦お風呂に入りに帰宅すると、強い痛みに変わり、すぐにひなたさんに戻り、そのまま分娩室へ。
 ずっと隣で寄り添ってくださる助産師さんのおかげで、常に冷静でしっかりと呼吸することができ、安産で無事に出産することができました
 赤ちゃんが出てきた時の感動と安心感は忘れられません

 P1130377.jpg パパがお臍カット係 お兄ちゃんは見守り係

 P1130382.jpg お兄ちゃんの初抱っこ

 P1130380.jpg お兄ちゃんになったよ

 P1130392.jpg お家に帰ります



 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。