FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のお産、心残りはありません

3月21日、予定日3日前に第4子 男の子を出産しました
ひなたでのお産は3回目。前回2回ともとても満足のいくあたたかいお産だったので、今回もひなたでお産できるようにと祈りながら妊娠期間を過ごしました。37週に入ったら、いつでも出ておいでーと心の準備はばっちり身体にかかる負担がしんどくて早く生みたい気持ちと最後であろう妊娠生活がおわってしまうことへの寂しさと混じる気持ちの中、胎動の感覚、赤ちゃんがお腹にいるという感覚を身体に焼きつけたい覚えておきたいと感じながら過ごしていました。”いつでも”と言いつつ…立ち会ってくれると言っている職場の先輩達の都合があえばいいな…や、大内さんがいてる時に!と、全然”いつでも”じゃない気持ちで待ちわびてました前駆陣痛で眠れない夜がつづき、数日…疲れてきて、本当にもう出ておいでよー!と朝から草むしりこども3人連れて公園いって、スーパーで買い物して帰ってきたら…ん?痛いかも?!規則的?となり、ひなたへ向かうことにしたけれど、道中全く痛くなく、やっぱり違ったか…と。駐車場で待っていた助産師2名の顔をみて、”早まりました、やっぱり違いそう…”と苦笑いしてると笑顔で迎えてくれました
モニターつけてもやっぱり陣痛ではないかなーと一旦帰ろうとした矢先から急に痛くなりだし、間隔も短くなってやっぱりお産の準備を、と着替えたり、検温したり…待ちに待った陣痛なのに急に不安になって怖くなってきていた所に職場の先輩たち到着してくれて、ひなたの助産師と皆で一緒に和やかな時を過ごしていたら痛みもどんどん強くなり…あれよあれよと分娩室へ2人の妹弟のお産に立ち会ってくれた10歳のお姉ちゃんはプチ助産師となり、私の手を握り、一緒に呼吸誘導…
3回目の立ち会い、同じように手を握ってくれていることの安心感は大きかったです4歳の娘も赤ちゃんうまれてくるところに興味津々、お水や汗ふきとサポート頑張ってくれました2歳の息子も場の空気に緊張しつつも、うちわであおいでくれたり頭ヨシヨシしてくれたり、側にいてくれました母も息子のことを見ながら見守ってくれて、ギリギリ立ち会いに間に合ったパパはこれまでビデオ担当で少し離れたところでみるお産だったのが、今回は初めて手を握り一緒に呼吸一緒にしてくれて肩をたたく手に力が入りすぎてて…笑けました院長は上2人の時、側にいて”大丈夫”の気持ちにさせてくれて今回も同様”大丈夫”をくれました。子どもたちそれぞれに役割もたせて、お産に参加させてくれて…本当に温かい雰囲気でした。かけつけてくれた職場の先輩たちもずっと腰をさすり、ビデオ撮影をお願いしたことで、パパもお産にしっかり参加でき、素敵な記録を残してくれました先輩のお子さんも真剣に静かに立ち会ってくれて…
落ち着いて和やかな空間の中にも神聖な空気があり、一緒にその場にいてくれた人たちが元気な1つの命の誕生を願い、思いが重なって、17:16 とってもピンクで我子誕生しました本当に本当に皆に支えられて温かいお産ができました。最後のお産、心残りはありません、大満足です…イヤ、あるかも…こんな素敵なお産ならもう1回したいという思いが残った…というくらいでしょうか笑
やっぱりひなたが大好きです

P1120194.jpg   P1120196.jpg
お姉ちゃん2人でお臍カット  6人家族になりました

P1120197.jpg  P1120238.jpg
みーんなで赤ちゃんの誕生を迎えました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。