産まれてきてくれたのは女の子!ようこそ!!

 実は…その前の日、すごく怖がりな私がなんとなく気持ちが落ち着いて思わずお父さんに「産まれてきてくれるの楽しみやな~!今は楽しみの方が大きいねん」と話してました。何日も続いた前駆陣痛も予行演習してくれたのかな?!怖がりの母のために気持ちが落ち着くまでじっくり時間をかけて待ってくれていたのかも…
 赤ちゃんとつながっていると思えた妊婦生活、お産は生まれて初めての経験でした。そして、“こわい”記憶ばかりがよみがえってくるお産も、今回初めて“幸せ”を感じることができました
 助産師さんに頂いた言葉がとても心に残っています。「無理に楽しもうなんて思わなくてもいいんだよ。〇〇さんらしいお産がきっとできるから。〇〇さんが怖がりなんも全部分かってて、それでもお腹の赤ちゃんは〇〇さんがいいって選んできてくれたんだよ」忙しさにかまけて産まれてきてくれた喜びを忘れかけてしまうこともあるかもしれません。でも原点にかえって、その子の個性を受け止め続けられる母でいられるよう肩の力を抜いてゆるゆると子育てを楽しみながら生活していきたいと思ってます

P1130660.jpg お家に帰ります