安心感がありました!

 前駆陣痛やおしるしはきていたけれど、本陣痛にはなかなかつながらず、いつになるかなぁと思っていた38週と6日目。幼稚園にお迎えに行くと長女が「赤ちゃん今日産まれるで」と言い出し、朝からさらっとした出血もあったのでひなたさんに連絡をして、痛みはそんなになかったけど念のため入院の準備を持って、自分の運転で向かいました
モニターをしてもらうと、意外にも10分を切る感覚で痛みがあり、また前駆かな?ぐらいにしか思ってなかったのに、どんどん間隔が短くなり、痛みが強くなってきて、長女の勘がもしかして??と、どんどん現実的になってきて驚きました
 17時頃の内診で破水し入院が決定!母と娘二人に付き添ってもらい、痛みがくると3才の次女が「さすったろ!」とはりきって腰を押してくれて、意外にいいところを押してくれたので心強いパートナーでした長女も「ママいたいけどがんばってね!」と優しい手紙を書いてくれたりして、すごく支えになってくれました。
 19時頃には痛みで動けなくなってきて、また破水をしたので出産のお部屋へ。記憶よりもずっと痛くて、我を忘れて目も開けられず叫びまくって、なかなかうまく丸いポーズがとれなかったけど、何度も声をかけていただき必死で呼吸をして、19:37に元気な女の子を出産することができました
 初めての助産院での出産に、どんな感じだろうとドキドキしていましたが、親身になってくださって安心感がありました

   P1100943.jpg     P1100947.jpg
赤ちゃんのお臍カットに興味津々   三人姉妹一緒にお家に帰ります